火曜の日経は218円安の23,864円、ジャスダック、マザーズ共にプラスで引けました。



さながら、パンデミックともいえる相場になってきました。



関連銘柄に要注目です。



では、1月21日のほぼザラバ中のツイートから
1月21日の著名トレーダー界隈による株ツイートでは、明日の狙い銘柄と格言が満載です。



--------------
新型肺炎「人から人へ持続的感染」とWHO
--------------
新型コロナウィルス、
感染源は、販売されていた野生ネズミではないかという一部報道。
--------------
マスク大手 24時間態勢で増産 新型ウイルス肺炎感染拡大で 
--------------
1 5G
2 マスク
3 コロナウイルス
4 人工知能
5 ドローン
6 半導体
7 サイバーセキュリティ
8 量子コンピュータ
9 全固体電池
10 ソーシャルゲーム
11 親子上場
12 スマート農業
13 国土強靱化
14 MaaS
15 情報システム
16 水道
17 リチウムイオン電池
18 IoT
19 防災
20 TOPIXコア30
21 インフルエンザ
--------------
S高= 15 銘柄(1月21日)

1883 前田道 2連S高 ※時価総額3419億円
 前田建によるTOB価格3950円にサヤ寄せ
3111 オーミケンシ ※46億円
 マスク関連として人気化
3161 アゼアス 2連S高 コロナウイルス関連 ※65億円
 新型コロナウイルスによる肺炎の感染拡大で思惑
3417 大木ヘルス ※185億円
 グループ会社のウイルス除去製品に関心高まる
3604 川本産業 配分 2連S高 ※47億円
 新型コロナウイルスによる肺炎の感染拡大で思惑
4336 クリエアナ 一時 人材派遣関連 ※15億円 
4364 マナック 2連S高 ※99億円
 新型ウイルスは人から人への感染確認と
4990 昭和化 一時 ※62億円 
6560 LTS ※82億円
 20年12月期営業利益3割増見込みと報じられる
6635 大日光 3連S高 ※37億円
6946 日本アビオ 一時 ※49億円
 新型コロナウイルスによる肺炎の感染拡大で思惑
7895 中央化学 ※137億円
 中国がプラスチック製品の規制強化と報じられ思惑
7980 重松製 2連S高 ※94億円
 新型コロナウイルスによる肺炎の感染拡大で思惑
8202 ラオックス ※323億円
 20年12月期の黒字転換見通しを好材料視
9685 KYCOM 一時 前日もS高 ※36億円
 官公庁版DX関連として急浮上
--------------
話題株ピックアップ【夕刊】
(1):トヨタ、テラスカイ、JTOWER

(2):マクアケ、日経レバ、アゼアス

(3):シンシア、トランザス、OTS
210700
動意株21日大引 ヤマウ、長野計器、フュー
--------------
>②1月21日のS高銘柄 =  11銘柄

3417 大木ヘルスケア マスク関連として人気化
3111 オーミケンシ 同上
6560 LTS 20年12月期営業利益3割増見込みと報じられる
7895 中央化学 中国がプラスチック製品の規制強化と報じられ思惑
8202 ラオックス 20年12月期の黒字転換見通しを好材料視
--------------
>①1月21日のS高銘柄 =  11銘柄

6635 大日光 3連S高、小型株人気続く
1883 前田道 2連S高、TOBで思惑
3161 アゼアス 2連S高、新型肺炎関連(マスク含)
3604 川本産業 同上
4364 マナック 同上
7980 重松製 同上
--------------
エーアンドエーマテリアルが記事に記載あり、買われる↑ 

茨城の化研、ヨウ素系の消毒剤 鳥インフルなどに効果:日本経済新聞
--------------
すぐにはないだろうけど、
医薬・バイオ企業が、ワクチン匂わせる開示だすと急騰とか普通にありそうな。
--------------
東証後場寄り 下げ幅200円超、先物主導の売り続く 日銀会合には反応薄
--------------
◎21日前場の主要ヘッドライン

動意株21日 JTOWER、シンシア、トランザス

話題株ピックアップ昼刊 JTOWER、テラスカイ、Sansan

注目銘柄ダイジェスト前場 アゼアス、シンシア、東芝機
--------------
日経平均、下げ幅一時200円超 海外短期筋が先物売り:日本経済新聞
--------------
首相、水際対策の徹底指示 新型肺炎で閣僚会議:日本経済新聞
--------------
今朝の注目ニュース! 
★鳥居薬、トランザス、シンシアなどに注目
--------------
暴落時は、普段買えない銘柄も、買えるチャンスを活かすもの。

為替仕掛けもまだあるだろうし、サポートを割る可能性もある。

世界的な景気減速懸念もあるからこそ、持続的な好業績、及び、トレンドをしっかり読んで。

余力管理は普段から当たり前に。
--------------